植物生まれの酵素について

Q1.『植物生まれの酵素』について教えてください。
100種類以上の食物を、水を一切使わず、素材がもつ酵素パワーだけで2年間じっくりと熟成発酵させた、「発酵エキス加工食品」です。
発酵エキスの力が健康的な身体つくりをサポートいたします。
Q2.食前と食後のどちらに飲んだらより効果的ですか?
お薬ではなく食品ですので、飲み方や分量について決まりはありません。
あくまで目安ですが、初めてお飲みいただく場合には、より実感していただけるよう、飲み始めから2週間は1日4粒、その後は1日2粒をおすすめしております。
また、タイミングも食前や食間、お茶を飲むときや寝る前でもOK。スッキリ1日を過ごしたいということで、起床後すぐに飲まれる方もいらっしゃいます。人によって生活のリズムや食生活に違いがあるので、ライフスタイルに応じてお召し上がりください。
Q3.子供に飲ませても良いですか?
お子様が飲んでも問題はありませんが、大人に比べて身体も小さいですので、大人の半量(1日1〜2粒目安)お飲みください。
またカプセルが飲みこみにくい場合は、中の粉だけを取り出してお飲みいただくようおすすめしております。(カプセルは両端を引っ張っていただくと外れます。)
Q4.製造過程で加熱していますか?
熱も水も使わない自然発酵法でじっくりと発酵しています。加熱殺菌は行なっておりませんので、素材そのままの成分をお召し上がりいただけます。
Q5.高血圧の薬を服用していますが、原料にグレープフルーツは入っていますか?
現在「植物生まれの酵素」の原料には、グレープフルーツを使用しておりません。
グレープフルーツが入っていることで、高血圧の方や薬を服用されている方から不安を感じる問い合わせが多数寄せられている現状から、さらに安全性確保の観点から、グレープフルーツを発酵原料から削除することにいたしました。
どうぞ安心してお飲みください。
Q6.保存料、着色料などの添加物は入ってませんか?
カプセルの中身が均一に混ざるようサトウキビ由来のショ糖脂肪酸エステルを滑沢剤(かったくざい)として極微量配合されています。
また、植物発酵エキスパウダーをエキスから粉末化する時、セルロース、デキストリンを賦形剤(ふけいざい)として使用しています。
どちらも食品添加物でよく使用されている成分ですので安心してお召しあがりいただけます。
Q7.なぜドリンクタイプではなく、粉末タイプなのですか?
100種類以上の素材を発酵させると黒い液体状のエキスになります。
商品がお手元に届いてからの品質の安定性と安全性を考え、またどなたにでも飲みやすくすることを目的とし粉末タイプにいたしました。

【粉末タイプのメリット】
  • 有用成分を凝縮できる
  • 水分がほぼないので品質も安定
  • カプセルなので携帯可能
  • 味や臭いなど風味に関係なく飲める(弊社の発酵エキスは少しお漬物のような香りです)
【粉末タイプのデメリット】
  • 粉やカプセルを飲むのが苦手な方には飲みにくい。
    ※その場合は、カプセルから粉末を取り出して、水やヨーグルトなどに混ぜて飲むことができます。
Q8.発酵エキスは黒いイメージなのですが、粉が白いのはどうしてですか?
100種類以上の植物を発酵させると黒糖のような色のエキスになります。
このエキスを凍結乾燥(フリーズドライ)でパウダー化すると茶色っぽい粉(きな粉のような)になります。そこに白色の粉体である乳酸菌とフラクトオリゴ糖、食物繊維を配合します。このためカプセルの中は白っぽい粉になります。
Q9.飲むとお腹が張る感じがするのですが大丈夫ですか?
腸内環境を改善しますので、代謝が安定するまでは一時的にお腹の張る方がいらっしゃいます。
そのような方でも続けることで腸内環境が整い安定するようですので1ヶ月ぐらい様子を見ながら、水分を多めに摂っていただき続けてください。
または、現在1日2粒お飲みの場合は、3または4粒に増やしていただき、お腹の調子をご確認ください。それでも、不快感を感じる場合は合わない可能性がありますので、ご使用をお控えください。
Q10.なぜカプセルなのですか?
幣社が採用しているハードカプセルは、打錠(錠剤)やソフトカプセルの製法とは異なり、熱を加えずに詰めることが可能です。
栄養素の多くは熱に弱いので、加熱処理をしない方法を選びました。
Q11.カプセルの素材は何ですか?
カプセルの原材料は植物性の繊維、HPMC(針葉樹の皮由来)です。
Q12.カプセルが苦手なのですが中身だけ飲んでもいいですか?
カプセルが飲みにくいという方は、中の粉だけを取り出して飲んでいただくようおすすめしております。
カプセルは両端を引っ張っていただくと外れます。カプセルから出すと水分を吸収しやすいので、お早めにお飲みください。

このページの先頭へ